読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酔いどれエンジニアのブログ

有限会社wisdomのスタッフブログです。主にプログラミングやアプリケーション開発の話題を書いていきます。

CocoaPodsとは何か知るために訳してみた

CocoaPodsをちゃんと使うために、https://github.com/CocoaPods/CocoaPods を訳して理解を深めようと思います。

README


CocoaPodsは、Xcodeプロジェクトのライブラリの依存関係を管理するものです。

1つの簡単なテキストファイルでプロジェクトの依存関係を指定できます。 CocoaPodsは、依存関係のあるソースコードを取得し、プロジェクトを構築するXcodeワークスペースを作成し維持することで、ライブラリ間の依存関係を解決します。

最終的な目標は、集中的なエコシステムを作成することによって、サードパーティオープンソースライブラリを見つけやすくしたり、関係性を改善することです。

CocoaPodsをインストールしたり更新するのはとても簡単です。 Installation guide Getting started guideを是非見て下さい。 簡単な概要のためCocoaPodsの使用についてNSScreencastエピソードを参照してください。 概要については、NSScreencastエピソードのusing CocoaPodsを参照してください。


using CocoaPodsは動画なので、次はGetting started guideを見てみたいと思います。

Getting started


検索する

Podsの検索コマンドに名前か説明使ってcocoapods.orgから名前か説明を でポッドのコマンドライン検索のいずれかからポッドを検索することができます。

$ pod search json

(省略)

 

Podfileを作る

お気に入りの依存関係を見つけたら、Podfileを作成できます。 Podfileは通常、プロジェクトと同じディレクトリに作成します。 ここでPodfileとそのDSLについてもっと知ることができます。

(省略)

 

プロジェクトを統合する

CocoaPodsをプロジェクトに統合するにはそのディレクトリで、以下のコマンドを実行します。

$ pod install

プロジェクトファイルではなくXcodeワークスペースを開いて作業をして下さい。

(省略)

 

プロジェクトを更新する

Podfileに加えた変更を反映させるか、Podsフォルダのバージョン管理下にないプロジェクトに、bootstrapをインストールするには、次のコマンドを実行します。

$ pod install

pod installでは、新しいバージョンが利用可能であっても更新しません。 更新するためには次のコマンドを使用します。

$ pod update

これで、新しい依存関係をインストールする時に起きうるアップデートに関する問題を回避することができます。

 

 

新しく仕様を追加する

CocoaPods用のPodを持っていないライブラリもありますが、幸いにもPodは簡単に作成することが出来ます。

$ pod spec create Peanuts
<<Peanuts.podspecを編集>>
$ pod spec lint Peanuts.podspec

作ったらチケットを作成してPodをアップロード出来ます。 もしくはGitに慣れている場合は、CocoaPods specsリポジトリをforkしてpullリクエストを送ることが出来ます。 貢献してくれると大変うれしいです!

Pod specificationなしで任意のライブラリを使用する他の方法が幾つかありますが、それはSSCatalog exampleで見られます。


こんな感じでしょうか。