酔いどれエンジニアのブログ

有限会社wisdomのスタッフブログです。主にプログラミングやアプリケーション開発の話題を書いていきます。

Vagrant事始め その2

昨日の続きです。

イメージファイルの準備

vagrant box add [任意の名前] [インストールするBoxのファイル]

とすると、仮想イメージが用意されるようです。 ちなみに「任意の名前」のデフォルト値が "base" なので、色々な記事でも "base" になっていることが多いです。

「インストールするBoxのファイル」はURLだけでなく、ローカルのパスも指定できるので、何回も同じboxファイルを指定したい時はダウンロードしておくと早くて良いです。

vagrant box list

と打ち、上記で指定した[任意の名前] が表示されれば、追加は正常に完了しています。

プロジェクトの作成

vagrantのプロジェクトを作成します。 プロジェクトを作成したいディレクトリで、以下のコマンドを実行します。 ちなみに「使用するboxの名前」を省略した場合はデフォルト値の "base" が使用されます。

vagrant init [使用するboxの名前]

実行すると、実行したディレクトリにVagrantfileというファイルが作成されます。 このファイルで以下の部分を確認して下さい。以下のようになっているはずです。

config.vm.box = "使用するboxの名前"

ですので、上記のコマンドで間違った名前を指定してしまった場合には、ここの部分を修正すれば良いということになります。

vagrant up

でホストが起動します。

ところが

There was a problem with the configuration of Vagrant. The error message(s)
are printed below:

vm:
* The box '使用するboxの名前' could not be found.

となってしまいました。

デフォルトの~/.vagrant.dに作成されるのが嫌なので、環境変数でVAGRANT_HOMEを指定したんですが、 vagrant box addでは、VAGRANT_HOMEが無視され、~/.vagrant.dに追加されているようで、 vagrant box list実行しても、addしたものが見えていませんでした。

とりあえず、~/.vagrant.d/boxesにある、見え覚えのあるフォルダを、$VAGRANT_HOME/boxesに移動しリトライ。

The private key to connect to this box via SSH has invalid permissions
set on it. The permissions of the private key should be set to 0600, otherwise SSH will
ignore the key. Vagrant tried to do this automatically for you but failed. Please set the
permissions on the following file to 0600 and then try running this command again:

と出た。Permissionみても問題無さそうなので、sudoを付けてリトライ。 無事起動しました。

忘れていたバージョン確認。

vagrant -v

とやり、バージョンを確認してみたところ、1.0.7でした。

それでは、また。